<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

対テロ戦争

自衛隊による燃料補給活動について喧々諤々してます。
この問題はとても複雑なので、面倒だからあまり考えてませんが、前から今のテロと対テロ戦争について考えていることをメモ。

まず、アメリカの対テロ戦略について。
あんなものでテロはなくなりま閃!
ベトナム戦争の時、近代兵器がテロ(的戦術)に無力だったのを忘れているみたいです。
元々アメリカは短気なので、日本に絨毯爆撃するわ原爆落すわ、ベトナムに枯葉剤ばらまくわ、イラクでもピンポイント爆撃を喧伝する一方で劣化ウラン弾使うわ、やりたい放題でした。
イラクも制圧はしましたが、その後の統治ではテロの頻発で苦労しています。
姿をさらした部隊と、姿を隠した部隊では、後者が圧倒的に有利です。
制圧はできても、最新鋭の兵器でもテロには対処できない点は、ベトナム時代と変わっていない。

テロリストの人材は豊富にいます。
貧困に苦しむ人、特に、仕事もなく食べるあてもない若い人たちは、テロリストの仲間に加わることで、職も食も生きがいも…つまり生きる上で必要な全てを与えてもらえます。
その国が貧富の差が激しい国であれば、なおさらテロリストの誘い文句は魅力的に感じるでしょう。
これが根っこの問題です。
打倒アメリカは、その生きがいをより充実させてくれる合言葉です。
アメリカが対テロ戦争でワガママな正義を振りかざす度に、テロリストが増殖していく訳ですから、皮肉、というかアメリカの戦略がいかに非現実的なものか分かります。

ただ現実的な解決策もないのも、また現実だと思います。
根っことなる貧富の差が埋まり、まぁこれくらいなら、と思える程度にテロリストの国全体が豊かになること…これで初めてテロリストが人材難で自然消滅する。
そう考えると悲観的にならざるを得ません。
日本のやくざが人材難になっていて、必死に青田刈りしている。
そんな状況が世界のテロ国家に訪れる日が来るんでしょうか?

という訳で、あてのない自分の覚え書きなので気にしないように。
[PR]
by mogran_ragnarok | 2007-10-14 23:29 | 思い

F1日本GP

F1日本GP行って来ました。
ヨメとムスコがF1オタクなんです。
で、勢いでチケット申し込んだんですが、ライド&チケットで@50,000×3人…。
晴れてくれよー。

って、雨、雨、雨…。
風が無かったのがまだ幸いだったけど、とにかく一日中雨。
雨対策はカッパしか持って行かなかったので、下半身ずぶぬれで寒い観戦でした。
コンストラクターのブースやら物販店など楽しみにしていたんですが、あちこち見て回る気力も湧きません。
息子は佐藤琢磨のキャップ(@4,600)ゲットできて嬉しそうでしたがw

数十年ぶりの富士スピードウェイ開催で、いろいろ前日までにトラブル続きだったみたいです。
最初からミソ付けてた感じですが、当日も雨のせいでかなり波乱の展開でした。
FIFAから雨用タイヤを装着するように指示が出たはずが、フェラーリ・チームがメールの指示に気付かなかったか届いてなかったかで、ウェットタイヤでスタートしてしまい、早々にピットでタイヤ交換。
スタート時間になっても雨脚が途絶える気配がなかったので、普通のグリッドスタートができずに18周もペースカー走行。
19周目にようやくペースカーが抜けてスタートしましたが、直後にスピンやらクラッシュやら大波乱の幕開け。
しぶきで前も後ろも見えないんですね。
とあるパイロット曰く、「目をつぶって家の中を全力疾走する状態」…。
僕は最終コーナーの手前、つづら折れのコーナーの前(ネッツ・コーナー)スタンドで観戦していましたが、よく滑るしぶつかるし。
途中でクラッシュした車の後始末のためにペース・カーが入った時、ペースカーの後ろが渋滞して、目の前のコーナーで追突事故。
レースしてないのにクラッシュするなよw

生のF1爆音はさすがに迫力ありますね。
丁度目の前が最終コーナー手前の上り坂だったので、エンジン目いっぱいふかすから爆音もすごいです。
場内アナウンスも隣の人の声も聞こえません。
やっぱり生はいいですね!
[PR]
by mogran_ragnarok | 2007-10-01 02:13 | 日常