カテゴリ:旅行( 11 )

私的イタリア紀行-タイミング

という訳で、イタリア、行って来ました。
適当に自分のメモとして紀行文でも書きます。
多分長くなると思うので、そこのいんこ、読もうとしないように。


8月17日に成田を発って、ローマ3泊、フィレンツェ2泊、ヴェネチア1泊、ミラノ1泊して8月25日に成田帰着、の7泊9日です。
最初、日本旅行の8日間ツアーを予約していたんですが、人数が集まらずに一ヶ月前に催行中止、との連絡。
あれこれ迷いましたが、JTBに催行確定のツアーがあったので、改めて予約しなおしました。

何でもタイミングが大事!というのは坂本九も言っていることですが、今回の旅行はいろいろな意味でタイミングが良かった、というか、ツイていました。

まずは、気候、天候、です。
イタリア経験のある知人らに聞くと、夏のイタリアは暑くて死ぬ、と。
ツアー前には添乗員さんから電話があって、帽子は必須です、と言われました。
実際、最後のミラノを除けば、夏の直射日光は殺人的でした。
鬼太郎の髪の毛攻撃を食らったことはないですが、あんな感じで太陽光線が肌に突き刺さってくる感じです。
でも何故か、汗がダラダラ…とは出てこない。
相当ハードな行軍が続くイタリアツアーですが、日陰に入れば快適。
空気がとても乾燥していたんですね。
イタリアの夏は過ごしやすい!
と感じたんですが、ローマのガイドさん曰く、「先週はとても蒸し暑くて大変だった」そうなので、結局これもたまたまそういう週に行ったというタイミングだったみたいです。
おまけに着いた日からずっと快晴続きで、イタリアの雲を見たのは最終日だけでした。
天候もツイてました。

それから夏のイタリア、というよりヨーロッパ全般のことかも知れませんが、バカンス・シーズン、というものです。
イタリア人は、7~8月一杯バカンスで仕事を休み、どこか遠くへ出掛けます。
そのため、都市中心部に人と車が少なくなるようで、今回は添乗員さんも驚くほど現地の人や車が少なかった。
早めにバカンスを終えた人たちが、ぱらぱらと戻り始めるかな…くらいのタイミングだったようですが、それでも街は空いている。
主にバスや徒歩での移動は、通常の時期に比べて本当にスイスイ、という感じだったようです。
各観光地は、それこそ観光客でごった返していましたが、添乗員さん曰く「普段は真っ直ぐ歩けません!」というくらい空いていた、とのことでした(笑

重要なタイミングは他にもあります。
今回のツアー参加者は34人でした。
よくあるツアーは主に移動に観光バスを使いますが、バスの乗員はだいたい40人+α程度ですから、参加者としては少な目だったことになります。
旅行会社にしてみれば、同じ添乗員一人なら、できるだけ大勢のお客さんを扱った方が当然利益が出ます。
ところが、この34人と40人、ツアーにとってはかなり大きな差になると思われます。
まず何をするにしても、時間のロスが多い。
トイレが二つしかなければ、確実に人数差×数分の遅れになります。
エレベーターに乗る場合も、同じように、一回分の往復時間が増えます。
添乗員さんが、美術館の切符を配る時も同じく、人数分の時間差が出ます。
このあたりは算数の問題ですが、あとは確率の問題。
時間にルーズなグループがいる確率アップ。
団体からはぐれて迷子になるグループがいる確率アップ。
それから、ご高齢の方、足腰のあまり強くない方、幼児くんなどが加わる確率も増える。
何せ、灼熱の太陽の下、数時間も名所を渡り歩き続けるのが夏のイタリア・ツアーです。
長時間歩き続けられる体を持っていない方が一人でも加われば、全体の行軍スピードは下がります。
ということで、何をするにも時間が掛かるので、いきおい自由時間も減り、添乗員さんの慌てふためく様子ばかり目に付く…ツアーになっちゃうのでしょうか?
その点今回のツアーは、人数の面でも、世代の面でも、こうした条件をクリアしていたので、さしたるストレスなく気楽な団体旅行ができました。
ちなみに、我々の翌日が出発日のツアーは、42名だったそうです。
それを聞いてたった一日のタイミングの違いで、ツイてたな、と思いました。
我々の添乗員さんは添乗員さんで、42名引率の添乗員さんを憐れんでいましたが(笑

出発日のタイミング、というのもあります。
実はこの出発のタイミング、今回はバッド・タイミングでした。
今回は、仕事の関係、家族の都合、その他もろもろの理由で、ツアー料金が一年で2番目に高い日に出発せざるを得ません。
普通、お盆の13~15日出発のツアーが最高値で、17日出発というのは、そこから1~2万円程度安くなるだけです。
時期を選べない、というのは致命的ですね。
最安値の時期からしたら、10万円は高くなります。
更に今回は、ユーロ最高値圏(出発前170円~帰着時165円)のタイミングでした。
更に更に、話題の燃料サーチャージが、一人5万円!と、一年前の二倍…;
経済的には、全て最悪のタイミングでした…シクシク。


以下続く…かも


(おまけ)

飲食店や観光地の土産物屋、ブランド・ショップや大手企業などは、日本と変わらず、バカンス期間中も営業しているところは多いです。
それでも個人のお店などは、かなりシャッターが下りていました。

ちなみにイタリアの学校の先生は、バカンス期間中は一切教職の仕事はなく、登校する義務もないそうです。
その代わり給料も安いので、そのバカンス期間にアルバイトしている人も多いとか。
これもローマのガイドさんのお話でした。
同じツアー仲間の中学教師が、「バイトできるなんて羨ましい!」と真剣に語ってましたが…。

欧州人は日光浴が大好きで、真っ白な身体を直射日光にさらして真っ赤になりながらシミ沢山作って喜ぶ変態さんが山ほどいます。
どこの観光地行っても、欧米人はランニングのTシャツか、タンクトップに短パン、が制服です!
半袖+長ズボンなんて格好は、日本人、中国人、韓国人だけです。
分かりやすすぎ(笑
[PR]
by mogran_ragnarok | 2008-08-27 19:38 | 旅行

姫路ふたたび-3

姫路は人口53万人だそうで、結構大きな街です。
兵庫では神戸に次ぐ人口だそうです。
夜の街もそれなりに賑やか。

連れて行かれたクラブで、ママさんに口説かれました。
「私、インテリっぽい人大好き(はぁと」
「ヘ(゜◇、゜)ノ~」 ← インテリっぽい

ママさん、60歳だそうです。
ヘ(゜◇、゜;)ノ~

もう一人、隣に女性が来て、お話ししました。
明石から通ってるそうです。
あれ、っと思って地理関係確認したら、姫路-明石-神戸-三宮は鉄道一直線だったんですね。

そう言えば、明石の知り合いがどっかにいたような…。
f0024799_10313544.gif
これ兵庫のキャンペーンキャラクターなんですが、県のサイト見ても名前がどこにも書いてありません!
本気でこのキャラ売り込むつもりがないのでしょうか(笑
[PR]
by mogran_ragnarok | 2008-05-31 21:33 | 旅行

姫路ふたたび-2

次は古刹、書写山・円教寺です。

映画「ラスト・サムライ」のロケに使われたそうです。
観てないので分かりませんが(笑
f0024799_2117593.jpg
清水寺と同じ、舞台作りの本堂です。
うっそうとした森の中に、堂々とそびえています。
f0024799_21192463.jpg
この他にも珍しい二階建てのお堂など、魅力的な古建造物が沢山。
特に気に入ったのが、この古い土塀と苔の生えた斜路です。
暫く見入ってしまいました。
f0024799_21232184.jpg
とても絵になります。

最大の難点は、ロープウェイ山上駅から、相当急な坂を上って(もちろん帰りは降りて;)いかないとたどり着けないことです。
実はバスもあるのですが、まぁいいか、と思って徒歩を選んだのが間違いでした;
とは言え、新緑の小道をぶらぶら歩く気分は、それはそれで格別でしたけどね(笑
[PR]
by mogran_ragnarok | 2008-05-31 21:25 | 旅行

姫路ふたたび-1

姫路行きました、仕事で。

前回は時間がなく、下から見上げただけで泣く泣く帰ってきたんです。
で、今回は仕事が予定より早く終わったので、じっくり見学しました。
f0024799_20583532.jpg
こうやって見ると、白鷺城の名に恥じぬ美しさです。
でも、一歩内部に足を踏み入れると・・・
f0024799_2134218.jpg
無骨な太い柱が大きな梁になっていて、壁際には武具を掛ける釘がずらっと並んでいます。
天守閣の下半分は巨大な武器庫になっていて、いつでも篭城できる構造です。
ここまで戦闘的、実践的な作りのお城は初めて見ましたが、迫力満点でした。

でも、花嫁が美しい白無垢を脱いだら、下に重厚な鎧を着ていた!ってイメージですね(笑

このお城は、昭和の大改修と呼ばれる大修理をしています。
何せ、この巨大な城を全部一旦バラして作り直したというのですから驚き。
来年から三年間、今度は平成の大改修が始まるそうです。
さらに美しい外観に生まれ変わるでしょう。
[PR]
by mogran_ragnarok | 2008-05-31 21:13 | 旅行

九州上陸

昨日、生まれて初めて九州に上陸しました。

結構長く生きてる割には、この前の北陸同様、九州も初めてだったんです。
出向先のグループ会社が鹿児島にあって、そこの視察に行きました。
ところが、梅雨前線の影響で、豪雨('A`)
鹿児島空港降りて、高速道路をバスで走ったんですが、桜島はどこ?どっち??状態…。
結局昨日は一日雨だったので、何も見れませんでした。
で、今日は期待したんですが、やっぱり曇ってて、桜島に掛かった雲も去る気配なし;
山の下半分しか見られず残念でした。
せっかく久し振りに噴煙が出てる、って聞いて期待してたんです。

また忘年会しに来よう(ぁ
[PR]
by mogran_ragnarok | 2007-06-23 22:12 | 旅行

上海旅情(オトナ編

僕はオトナでさらりーまんなので、当然夜の上海にも連れ出されるワケです。

上海の中華料理は、割とあっさり味、淡白、甘い味です。
僕はどちらかというと濃い味が好きなので、コレ!といって美味しいものには巡りあえなかったのが残念かな。
元々上海は揚子江の下流域に土砂が堆積してできた土地で、湖やら沼やら運河やらが沢山あって、食卓の中心も淡水魚が多いです。
元々淡水魚というのは淡白なものが多いので、素材自体も淡白なんですね。
有名な上海ガニは秋口がシーズンなので、一口食べただけでよく分かりませんでした。
それより、西瓜がやたらと出てきたのが印象的でした。
朝昼晩三食西瓜付きw
おまけに夜のお店行くと、これまた西瓜。
この季節からたくさん出回るようになるそうですが、甘くて美味しかったですよ。

で、夜のおねーさんのお店にも…。
隣に座ってお喋りするだけなんですが、みんな日本語をよく勉強しています。
もちろん、日本人相手のお店に行ったので、お店が教えるそうなんですが、半年くらいで日常会話で意思疎通ができる。
日本語ができないと指名も掛からないだろうし、女の子たちも必死なんだと思います。
「ニッポン、ケチっ!」
「ご、ごめんなさい;」
いあ、何のことはない、就労ビザが取れないことを言ってるんですがw
半年前に日本で働いていた子でした。
ダンサーという職業で、半年間は正規ビザで働けるそうです。
その子は、東京、名古屋、大阪、神戸、姫路で踊って、最後に京都観光して帰ってきたそうです。
アングラで不法滞在している人も沢山いるでしょうが、正規に働いている子もいるんですね。

別の店では、個室に入ると、女の子がズラズラ~っと10数人入って来て、好きな子を選ぶシステムです。
この手のお店には、その場でお喋りしたりカラオケして遊んで帰るお店と、その場で指名した子と個別交渉して、その後の夜を一緒に過ごすお店と、二通りあります。
僕が連れて行ってもらったのは前者の軽い方のお店なんですが、それでもお客さんに選んでもらわないと、給料ゼロ、とのこと…。
上海ナイトも、ど田舎から大都会に出てきて、身体を張って頑張ってる子ばかりです。

というオヤジ遊び、やっぱり好きにはなれないんですが、現地で頑張っている我がスタッフたちの慰労は、やっぱりこれになっちゃうんです。
日本から本社のスタッフが来て、お金を出して遊ばせてあげて、また明日から異国の地で頑張って下さいね、ということです。

おつかれさまですm(_ _)m
[PR]
by mogran_ragnarok | 2007-06-09 20:18 | 旅行

上海旅情

上海でほにゃーしてきました。

今回は二度目の中国、初めての上海です。
前回の北京の時も思ったけど、建物が何でもデカイです。
大規模な高層マンションが10棟くらい平気で固まって建ってますし、それが高速でいくら走っても、延々と車窓から連なっていたりします。
人口が2000万人近くいるそうなので、東京より大きいんですね。
北京は煤煙なのか排気ガスなのか黄砂なのか分かりませんが、街全体にもやがかかっていて埃っぽい印象があるんですが、上海は予想よりきれいでした。
ただここ10年で急激に変わったらしいです。
少なくとも北京で見たようなスラム街は見当たりませんでした。
単に追い出されただけかも知れませんが…。

今回は仕事関連の工場を数箇所見て周りました。
どこもキレイで整理整頓がゆき届いています。
随分キレイですね、と聞いたら、専門の掃除係が朝から晩まで掃除して周っているそうです。
人件費が安いからそういう所にも人を割けるんですね。
ちなみに、工場のワーカー(工員さん)で、月給1,000~2,000元。
今の相場が15円/元くらいなので、15,000~30,000円くらいで、日本の1/10です。
それでも、北京で見て周った時に比べて、工員さんも小ぎれいな格好していましたし、私服に着替えてワイワイ笑いながら帰る姿なんかを見ていると、日本の若い人たちの様子と変わりません。

それから大学卒の事務系スタッフは5,000~8,000元、75,000~120,000円くらい。
もちろん上海と言っても広いし、郊外と都心では差が大きいし、大手と小さい会社でもかなり格差はあるみたいですが、こんなところが相場みたいです。
以前に比べて人件費は上がっているようですが、結構物価も高いので、生活はそんなに楽ではないと思います。

全体の印象としては、上海は中国の中でも特別な場所なんだろうな、というところでしょうか。
北京に住んでみたいとは思いませんでしたが、上海なら一年くらい滞在しても悪くはないな、という気になる街でした。
右折100%信号無視のルールで、何度でも車に轢かれそうになりますがw
[PR]
by mogran_ragnarok | 2007-06-09 19:53 | 旅行

ゼロの焦点

という訳で、松本清張「ゼロの焦点」を、今更ながら読んでみました。

…。
あんまり面白くなかった;

北陸の情感が溢れた人間ドラマ、だと僕が勝手に思い込んでいたのもあるでしょう。
主人公の思考やら推理やらの独白が多すぎて、説明的になっちゃってます。
盛り上がらないまま、いつの間にかタネ明かしが淡々と出てきて、最後まであっさりさっぱり。
特に北陸を舞台にする必然性もないような気がしますが、読み方が足りないのでしょうか?
女性にとって困難な時代背景などは分かりますが、それを書きたいならもっと書けたんじゃないか、と思っちゃいます。

実は推理小説系はほとんど読まないので、こんなもんですよ、と言われたら、ごめんなさい、です。
映画もあるんですが、何か見る気なくしました。
[PR]
by mogran_ragnarok | 2007-05-27 01:11 | 旅行

ゼロピの焦点2

いろいろ現地(富山県人)で聞いてみました。

北陸三県はどっち向いてるか!
金沢なんかは完全に小京都だけど、福井、石川はやっぱり大阪方面だろう。
じゃあ富山は?
最近はもっぱら東京の方を向いているだそうです。
大阪への移動より、東京への移動の方が徐々に便利になりつつある。
羽田~富山便は一日10便以上あるみたいだし、JRでも時間が縮まってる、と。
新潟方面含めて、富山だけは東へ東へ寄っていってる感じらしいです。

新潟で思い出しました。
新潟は東京との行き来が多くて、ほとんど自分たちは関東圏に属している、という感覚だそうです。
ほんと?>新潟のヒト
それに県内に東京電力のでっかい原子力発電所があります。
でも実は、新潟県は東北電力のテリトリーなんです。
新潟のヒトは、どうして”東北”電力なんだ!と文句言うらしいです;
[PR]
by mogran_ragnarok | 2007-05-24 00:10 | 旅行

ゼロピの焦点1

生まれて初めて北陸行って来ました。

福井~石川~富山の三県制覇です!
福井は通っただけだけどね。
出張ついでの一泊二日なので、ほとんど観光はしていません。
松本清張の「ゼロの焦点」などで有名な厳門のあたりとか、世界一長いベンチ(500mくらい)とやらがある海岸など、日本海の美しい風景眺めてきました。

ただ、その先の門前町まで足をのばしたら、先日の能登地震の爪あとが沢山残っていました。
多くの家屋の屋根には重石を載せたブルーシートがかぶせてあって、瓦がずれたり落ちたりした様子がよく分かります。
そして、まだ避難所の仮設住宅が沢山建っていました。
途中の道が一部崩落していました。
住民の方も、きっと恐い思いをされたでしょう。
ただ、もっと震源地が海にずれていたら…場合によっては津波でもっと被害が大きくなったかも知れないな…。
海沿いに建つ沢山の民家を見ながらそんなことも考えました。
[PR]
by mogran_ragnarok | 2007-05-23 23:51 | 旅行