ピノキオ先生

朝起きたら熱があったので、お医者さんに行きました。

会社に電話して近場の内科を聞いてみました。
「交差点から少し入った所で、木でできたおじいちゃん先生の診療所です。」
電話を切ってから、あれ?と。
゛木でできたおじいちゃん先生゛…。
何だかものすごく会いたくなりました。
もちろん木でできているのは、ビルの谷間の診療所の建物です。
でも一歩中に入ったら、本当に゛木でできたおじいちゃん先生゛が出てきそうでした。

名前を呼ばれて診察室に入っていくと、おじいちゃん先生が顔にワックスを塗っているところでした。
 「冬は気を付けないとすぐひび割れちゃうんだ。
  で、今日はどうしました?」

何だか熱も忘れて楽しい気分で会社に行けました。
[PR]
by mogran_ragnarok | 2006-02-08 12:40 | 日常
<< かりかり 抜け落ちる >>