眉山・徳島・阿波踊り

また映画館でぼろぼろと…ハズカシィ…。

『眉山(びざん)』観て来ました。
すごくマイナーなので、そんな映画やってたっけ?って感じでしょう。
すごく地味なので、そんな映画観るなら「スパイダーマン3」でしょ!って感じかも。
ストーリーもありきたりですし、キャストも地味です。
でも、例によってぼろぼろ泣いちゃいました。
最後の最後に出てきた言葉見て、泣き声出そうになっちゃいました。
ほんと、最近涙もろさに拍車が掛かって困ったもんだ…。

この映画、実はかなり個人的な動機で観ました。
一つは、四国にいる時、毎週のように通った徳島の街が舞台なんです。
眉山というのは、徳島市の真ん中にある小さな山のことです。
徳島駅から20分くらい歩くと、「阿波踊り会館」というのがあります。
そこでは毎日ステージで阿波踊りの実演があって、なかなか楽しいところなんですが、その建物は同時に眉山に登るロープウェイの駅にもなっています。
ロープウェイに乗って眉山の頂上から見た徳島市街が、映画のイメージシーンになっています。
それから、僕が通った仕事先(ある病院)が舞台の中心となっているので、いろいろロケの裏話とかを担当の方から聞いていたこともあります。
そんな訳で、徳島にかなり思い入れがあったので、どうしても観たかったんです。

阿波踊りはホント、いいですよ。
特に女の子たちが可愛い声で掛け声掛けながらピンクの浴衣で女踊りを踊るところなんかは、健康的なお色気というか可愛らしさでいっぱいです(笑
[PR]
by mogran_ragnarok | 2007-05-19 23:07 | 日常
<< ゼロピの焦点1 初体験 >>