ピアニストを撃つな!

人生で何人目かの、ピアニストの友達ができました。

僕はピアニスト(キーボーディスト)に弱いです。
どうしてか…。
学生時代にピアノにチャレンジして、そして挫折してギターやっいてたからでしょうね。
ピアニストに対して、羨望というか、憧れというか…、何かしらキラキラしたものを見ちゃうんです。

中学の時のブラスバンドの同級生の女の子の事は、以前ほのかな恋物語('A`)として書いた通り。
高校の時は、同級生の悪友にピアノを弾けるやつがいて、一緒に文化祭でバンドしたり、クラシックでデュオしたりしました。
そいつがまた英雄ポロネーズなんかが弾けるやつで、僕のギターソロなんて霞んじゃうw
カッコいいなぁ~、って、悪友ながら見とれてました。
大学時代も、軽音楽部にはキーボード弾けるやつがごろごろいて、やっぱり僕の周りで才能がキラキラ輝いてました。

実際、プロでやっているピアニストの友人に聞くと、肉体労働だし精神的にもキツイし、見た目ほど優雅じゃない、とは言っています。
きっと、りんねもそう言うんじゃないかな?w
もちろん、自分の好きな曲だけやれる訳じゃなくて、いろいろ頼まれた曲もやらないといけないので、練習も半端じゃないそうです。
でもやっぱりステージ終わった時のカタルシス、快感があるから止められない、と。
そうやって話す相手は、やっぱりキラキラしてるんですね。

僕には一生ピアニストは口説けない気がしますw
[PR]
by mogran_ragnarok | 2007-05-05 17:49 | 思い
<< 永遠の別れ みんなの印象 >>