過去ログ修正

まぁあれです、本性と言っても大したことじゃないんですが…。
既に男女関係の世間の現実、みたいなことごちゃごちゃ書いたけど、あんな方面でのお話しは”もぐらん”ではなかなか書きづらい、と。
実はこの手の話は、僕がここで過ごした間に、実際にいろいろ見聞きして、経験して…まぁとにかくいろんな意味で考えさせられたこと、です。
ラグナとは全く関係のない話ですね。
とにかく、亀の甲より年の功と申しまして…ありがたく読むよーに>そこのくーく

過去ログ一個訂正します。
以前、田舎の娘はすることがないし周りに選択肢も少ないから早婚だ、と書いたんですが、上っ面に過ぎました。
もっとも、酔っ払ってお喋りしてる中での結論ですから、最初から怪しげでしたが…。
反省。
お金がないから結婚する、が正解です。
(って、本当に反省してるのか)
女性が経済的に自立するのが難しいのが日本社会です。
田舎へ行くと、都会より働き口がない、あっても薄給、ということで、更に難しい。
となると実際に人並みの生活を送ろうとすると、やはり男性の経済力に頼らざるを得ないんですね。

しかし男性の経済力、と言っても、やはり田舎ではかなり厳しい。
そこでほとんどが共働きになる。
生活に余裕もなく、家事と育児と労働と姑の嫌味に追われる日々…。
都会に生まれ育った人のように、遊んだり恋をしたりする20代を経験せずにそのまま30代になり、少し子育てに余裕ができる頃、寂しさが募って外に異性を求める。
ほんっと、こういうパターンが、とても多い。
一時、専業主婦VSキャリアウーマン(死語)、なんて論争がありましたね。
そんな屁理屈並べて論争していられる恵まれた人たちなんて、決して多くはないと思います。

今話題の格差問題ですが、恵まれた自分自身や家族、大企業と言われる会社というとても均質な世界の中でだけ生きていても、実感として理解できませんでした。
[PR]
by mogran_ragnarok | 2007-03-06 23:45 | 思い
<< 夕焼けなにそれ食いもん?な人 僕と”もぐらん” >>