田舎の結婚

都会と田舎で交互に暮らしてきました。
昨日、田舎育ちの女性とお酒を飲みながら話して改めて出た結論ですが…。

田舎は早婚か、晩婚の両極端。

まず、人口が少ないので対象相手が限られる、という前提があります。
小学校から高校までほとんど周りの友人が変わりません。
高校までに適当に相手がみつかると…そのまま20歳前後で結婚、という早婚パターンがとても多い。
逆にそのタイミングを失うと、相手が少なく選びようがないので、どうしても晩婚、ないしは結婚しなくなる。
という具合です。

20前後で何故結婚までしてしまうか。
要は、結婚くらいしかすることがない、というのが結論でした。
デートは?
行くところがないんです。
車で適当にドライブしたって、似たような自然の風景の中をぐるぐる回るだけで飽きちゃいます。
街で遊ぶにしてもお金がありません。
それに遊んで楽しい街なんて、近くにありません。
結局、お互いの家に行って、まったりビデオ見たりするくらいしか、本当にやることがない…。
まぁ、普通の男女なら、そこから身体重ねるまではすぐですよね。
もう20歳前後からセックスも日常になってしまうし、あと二人ですることと言ったら、結婚くらいしかなくなっちゃうんです。
こうして日常の延長で結婚する人がとても多いんです。
で、少し大人になって、後悔する人、もとても多い('A`)

都会は何が違うか…。
人が沢山いますから、比例して恋愛対象も増えます。
それに刺激的なデートコースが結構ありますね。
情報もあふれています。
女の子たちも、男がいなくたっていくらでも街で友達と楽しむことができます。
次から次へと新しい街ができて飽きることもありません。
そうして楽しむことを覚えるうちに、どんどん刺激に鈍感になっていきます。
つまらない男じゃ満足できなくなります。
…以下略
都会の男女には、学習機会が溢れてるんですね。

とまぁこんな感じの結論でした。
その彼女は、やっぱり未成年の頃から付き合った男がいたんですが、20歳前に別れてから10数年彼氏らしい彼氏がいないそうです。
多分結婚しないんじゃないかな、って言ってました。
田舎の晩婚パターンですね('A`)
[PR]
by mogran_ragnarok | 2006-12-23 11:13 | 思い
<< さよなら2006 けーたいついで >>